キュートなこども顔!ひるぎの森まんじゅう

美ら海水族館へ行った帰りに、フラッと寄った
≪やんばる海の駅≫で見つけたユニークなお菓子。

なんで顔型のまんじゅうなのか、面白くて
ついつい買ってしまいました…(笑)

ちなみに、名前にある<ひるぎ>ってなんだろう、と思い
調べてみました。

沖縄では昔からマングローブのことを<ひるぎ>と呼んでいたそうで、
ひるぎは過酷な状況でも苗を立派に育てあげるという意味から、
「こども想いの樹」とも呼ばれているらしいです。

つまり、この顔のモデルは想像上の“ひるぎの子供”ということか
ナルホド。

こっちは後ろ姿。

なんか残酷なビジュアルになってしまいましたが、
まんじゅうをパカッと割ってみると、紅芋餡がたっぷり

塩が入っているためか、さっぱりしたお味でした

ここで使われている塩は「屋我地の塩」といって、
古宇利島の近くにある屋我地島産のものです。

インパクトもあるので沖縄土産にオススメです

この「ひるぎの森まんじゅう」が売ってる≪やんばる海の駅≫は
美ら海水族館から車で数分の場所にあります。

・やんばる海の駅
沖縄県国頭郡本部町字山川1421-1

沖縄県国頭郡本部町山川1421−1

26.682509,127.883187
まんじゅう

<関連記事>


にほんブログ村 スイーツブログ 沖縄スイーツ食べ歩きへ にほんブログ村 スイーツブログ スイーツ食べ歩きへ




コメント